「いいな、うらやましい」は「I envy you」で正しいの?

「いいな、羨ましい」を英語で「I envy you」と使っていませんか?これは決して間違いではありませんが、アメリカ、特にロサンゼルスでは日常会話で「うらやましい〜」を「I envy you」とはあまり言わず、ネイティブが聞くとちょっと不自然にも聞こえます。今回は相手に良いことがあった時にポジティブな意味として使う「羨ましい」のナチュラルな英語をご紹介します。


1) I’m (so) jealous
→「いいな、うらやましい」

「いいな〜」や「うらやましい」を英語で表すには“Jealous”を使うのが最もナチュラルな言い方です。辞書や学校の教材などでは「Jealous」=「嫉妬深い・焼きもち・妬ましい」など、ネガティブな表現で解説されることが多いかと思います。人の性格を表すときや状況・使い方によってはそれらを意味しますが、一般的に日常会話では相手に良いことがあった時に言う「I’m (so) jealous」はネガティブな意味合いは全くありません。相手の良いニュースに対して使う「Jealous」は「いいな、うらやましい」とポジティブな意味を持ちます。

✔「so」は強調する時に使われ、日常会話でもよく一緒に使われています。

「いいね、うらやましい」として使う場合
・I’m so jealous!(いいな、羨ましい!)
・You’re going to Hawaii next month? I’m jealous!(来月ハワイに行くの?いいな、羨ましい!)

「嫉妬」として使う場合
・They are just jealous because you are so successful.(彼らは君の成功に嫉妬しているだけだよ)
・He’s a jealous boyfriend.(彼は嫉妬深い彼氏です)

2) You’re so lucky!
→「いいな、あなたはとてもラッキーだ」

英語では相手に良いことがあった時にこのフレーズ「ラッキーだね」とか「それは良かったね」とよく言います。但し、仕事で昇進した時や、努力が実った出来事に対して使うのは避けましょう。「あなたは運が良かった」と解釈されるので褒め言葉にはなりません。この場合は「I’m happy for you / I’m proud of you」を使いましょう。

✔一言「よかったね」と言った後に続けて上記フレーズ「I’m so jealous」とよく言います。

その他「You’re so lucky」の代わりに使えるフレーズ:
● Lucky you!
● That’s awesome!
● That’s great (news)!

・I heard you’re moving to L.A. Lucky you!(ロスに引っ越すんだって?いいね)
・You won a brand-new iPad? That’s awesome. I’m so jealous!(新しいiPadが当たったの?よかったね、羨ましいよ!)
・Congratulations on your promotions. I’m so proud of you.(昇進おめでとうございます。私もとても嬉しいです)

3) I envy you
→「羨ましいです」

このフレーズは「Jealous」と意味、使い方、ニュアンスはほぼ同じですが、日常会話では「Envy」より「Jealous」のほうが多く使われます。「Envy」は「相手が持っているものを欲しがる」意味が強い反面、「Jealous」は「誰かを失う恐れがある」ニュアンスの違いがあります。

・That’s your new Mercedes? I envy you.(あれがあなたのメルセデスですか?羨ましいです)
・You’re so lucky you live by the beach. I envy you.(いいな、海の近くに住んでて。羨ましい)
・You get to work from home? I envy you.(家で仕事ができるの。羨ましいな〜)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...
  2.  テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  3. 前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...
  4. 昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  5.  カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る