「面白い」は “Funny”で正しいの?

日本語の「面白い」は、「あの人、面白いね」「映画おもしろかったね」「おもしろい格好しているね」など、使う状況によって微妙に意味が違いますが、すべて「面白い」の一言で表現できます。しかし英語では、どのように面白いのかによって言い方が異なります。「面白い」=「Funny」と直訳して覚えている人が多いようですが、「Funny」を使うと間違った意味で捉われてしまう場合もあるので注意が必要です。今日のコラムでは、英語で「面白い」を意味する代表的な4つの使い方をご紹介します。


1: 笑いを誘うユーモアのある面白さ・おかしさ

笑いを誘うユーモアのある人や物事、または感情を表す場合は“Funny”が用いられます。例えば、お笑い芸人のような性格の持ち主や、面白いコメディー番組のことなどを指します。

✔ 超おもしろい」や「超うける」と言う場合は「Really funny」と同じ意味合いの「(That’s) hilarious」もよく使われる。

・Matsumoto Hitoshi is funny.(松本人志は面白い[愉快な]人だね。)
・That movie was funny.(面白い[おかしな]映画だったね。)
・That movie was hilarious!(あの映画、超おもしろかった。)

2:興味深い面白さ・関心を引く面白さ

周りの関心を引いたり興味をそそらせる人や物事、または感情を表す場合は“Interesting”を使います。例えば、興味のある面白い本を読んでいる場合は「I’m reading an interesting book.」となります。

✔ 「超おもしろい(興味深い)!」を「That’s fascinating!」と表現することもできる。

・Matsumoto Hitoshi is interesting. (松本人志は面白い[興味深い]人だね。)

・That movie was interesting.(面白い[興味深い]映画だったね。)
・I saw an interesting documentary about this guy who is traveling the world.(世界一周している人の、おもしろいドキュメンタリー番組を見ました。)
・That sounds interesting!(おもしろそうじゃん!)

3:楽しませる面白さ

楽しみや喜び、感動などを与える人や物事、または感情を表す場合は“Entertaining”を使います。例えば、「昨夜のコンサートは面白かったね。」は「The concert last night was entertaining.」となります。

✔ ハラハラしたりドキドキしたりする面白さは“Exciting”で表す。

・Matsumoto Hitoshi is interesting.(松本人志は面白い[楽しい]人だね。)
・That movie was interesting.(面白い[楽しい]映画だったね。)
・What an exciting game!(おもしろい試合だねっ!)
・It’s going to be an exciting year.(おもしろい一年になりそうですね。)

4:奇妙な面白さ・変わった面白さ

奇妙であったり物珍しかったりする人や物事、または感情を表す場合は“Funny”または“Interesting”を用います。この場合、状況によっては多少ネガティブなニュアンスが含まれます。因に“Funny”の前に動詞を加えることで、具体的に何が変なのかを表すこともできます。例えば、「変な味がする」は「Tastes funny」、「変な匂いがする」は「Smells funny」、「変な音がする」は「Sounds funny」、「変な風に見える」は「Looks funny」となります。

✔ その他、「胸騒ぎがする」を「I have a funny feeling」と表現する。

・That’s a funny shirt.(面白い[変わった]シャツを着てますね。)
・That’s an interesting photo.(面白い[奇妙な]写真ですね。)
・This pasta tastes funny.(このパスタ、変な味がする。)
・Does this smell funny?(変な匂いがしませんか?)
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る