ルート61 音楽街道の旅

文/細田雅大(Text by Masahiro Hosoda)
写真/川畑嘉文(Photos by Yoshifumi Kawabata)

Photo © Yoshifumi Kawabata

Photo © Yoshifumi Kawabata

3日目 11月4日
王様の豪邸を経てセントルイスへ

 今日はミズーリ州のセントルイスまで進む予定。今回の旅で最長となる7時間のロングドライブだ。シャワーを浴びてさっぱりしようとするものの、シャワーからお湯を出す方法がどうしても分からない。川畑氏とともに徹底的にバスルームを調べるが、下の蛇口から出るお湯を上のシャワーから出すためのレバーやハンドルが一切見当たらない。ミステリーシャワーと命名する。

 メンフィスの朝の気温は摂氏7度。ニューオーリンズは夏だったが、突然冬になった。エルヴィス・プレスリーやロイ・オービソンなど初期ロックンローラーが録音したサン・スタジオへ行く。イギリスから来たという老夫婦が開館を待っている。「エルヴィスがお好きなのですか?」と聞くと「どちらかと言えばスタックスの方が好き」とのこと。オーティス・レディングは偉大なり。伝説のクロスロードにも行くそうなので、記念碑を探して時間を浪費しないよう伝える。

エルヴィス・プレスリーらが録音したメンフィスのサン・スタジオPhoto © Yoshifumi Kawabata

エルヴィス・プレスリーらが録音したメンフィスのサン・スタジオ
Photo © Yoshifumi Kawabata

Photo © Yoshifumi Kawabata

Photo © Yoshifumi Kawabata

エルヴィス・プレスリーの豪邸、グレースランドには、たくさんの観光客の姿があった。巨大な似顔絵や自家用飛行機も Photo © Yoshifumi Kawabata

エルヴィス・プレスリーの豪邸、グレースランドには、たくさんの観光客の姿があった。巨大な似顔絵や自家用飛行機も
Photo © Yoshifumi Kawabata

  “キング・オブ・ロック “エルヴィス・プレスリーの豪邸、グレースランドへ向かう。 “キング・オブ・ポップ “マイケル・ジャクソンが自らの豪邸をネバーランドと呼んだのはエルヴィスの影響だろう。マイケルは一時、エルヴィスの娘とも結婚しているのだ。観光客が続々とやって来る。近くにあるホテルDays Innには「Before Elvis There Was Nothing — John Lennon」という看板。プレスリーはビートルズをも夢中にさせたのだ。豪邸を囲む壁はファンが残した寄せ書きで一杯だ。足下のおぼつかない老婆三人が「Elvis is not King but Jesusって書かれてるわよ」と語り、興奮気味だ。

 メンフィスを11時に出発。ミシシッピ河を横断する途中でアーカンソー州に入り、61号線は州間幹線道路(インターステート)と合流する。巨大なトラックに前後左右を囲まれ、ちょっと怖い。しかし、じきに61号線は分離。綿花畑が続く。どうしても食事がファストフードに偏り野菜不足となるので、ピザハットでランチビュッフェ。とにかくサラダを食べる。
 ニューオーリンズ出発時から「Dollar General」という看板をよく見かける。プリペイド携帯などを格安で売っているディスカウント店だ。飲み物や簡単な食品も手に入るので重宝。4時前に2回目の給油。39ドルで満杯に。

 ミズーリ州に入り、スコットシティという町を越えた辺りで綿花畑が消える。セントルイスまでもう少しという場所で路傍に子鹿を発見。道路の中央でなくて良かった。夜でなくて良かった。車のライトに突然照らされると、鹿は固まって微動だにせず、そのため衝突事故が起きると聞く。鹿は死に、車も壊れる。あわててよければ大事故につながる。
 7時30分にセントルイスの郊外に到着。EconoLodgeに70ドルで宿泊。7時間以上の運転だった。セントルイス名物のラビオリを食べにモーテル前のレストランに行くも既に閉店。世界各地の難民や被災者を撮るのが仕事で、過酷な取材には慣れているはずの川畑氏が「アメリカ、デカすぎる。移動がいちばん疲れる。この大陸、デカすぎる」とつぶやいた。

1 2 3

4

5 6 7 8
Pechanga Resort Casino

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る