第5回 自分の城をつくる

文&写真/樋口ちづ子(Text and photos by Chizuko Higuchi)

 「大きな家に住みたい」「きれいな家に住みたい」

 たいていの人はこう思い、こんな夢や希望を抱くものです。アメリカでこの夢を叶えたい。あなたも大きな家に住む自分をイメージしながら、渡米されたのではないでしょうか? 私もそうでした。

 衣食足りて礼節を知る、といいますが、私はこれに住を付け加えたい。衣食住をしっかり手に入れることができれば、漠然とした生活の不安がなくなります。生活が安定すれば、自分はどんな人生を生きたいか、人生の目的にフォーカスできます。

 とはいえ、住む家を手に入れることは容易ではありません。第一、まとまった頭金がいります。そのために、誰もが身を粉にして働く。節約し、貯金する。心の中で決心したことに向かって何年間も努力する。そしてやっと小さなコンドを買うのです。それでいいのです。自分だけの力で買ったコンド。嬉しいですよ。いとしいですよ。大切にしますよ。だって、どんなに大変だったか、あなたが一番良く知っているんですから。そして、腹の底から、ふつふつと自信が湧いてくるはずです。他人も「ふうん、家、持っているんだ」その人の評価にプラスを付け加えるのです。なぜなら、頭金を用意すること以上に大変なのは、恐ろしい程の金額のローンをその先30年間かかって払います、という契約書にサインするからなのです。金銭的負担という重荷を引き受けたのです。その時、しっかりしなくっちゃ、と人は強くなる。恐怖と勇気は背中合わせです。そのせめぎ合いに勇気が少しだけ勝った時、自信になる。大丈夫、正しい家という不動産は、いつかきっと、あなたを助けてくれます。

ヘブンリーブルーという名の朝顔 Photo © Chizuko Higuchi

ヘブンリーブルーという名の朝顔
Photo © Chizuko Higuchi

 せっかく買った家でも不満だらけかもしれません。快適な空間に変えて下さい。狭いといいながら、ものであふれかえっていませんか? 特に台所のカウンターと浴室のカウンターの上。出ているものは全部まとめて、棚の中にしまって下さい。何もないくらいがちょうどいい。それから、徹底的に掃除です。ピッカピカにです。あら、不思議。磨いたのは、シンクやトイレなのに、自分の身体や心まですっきりと。花の一つでも飾ろうか、という気になったら、しめたもの。一輪の花が冴えます。

 風水のいう理想の家とは、太陽の降りそそぐ草原にある家。小川が流れ、そよ風が吹き、鳥が鳴き、花の香りがする家、なのだそうです。水や、光や、気が流れている家。ものがなくなれば空間ができ、空気が流れ、躍動しはじめます。住んでいる人にその躍動感は伝染します。風水の理想の家に自分の住まいを似せればいいわけです。

 窓のない浴室やトイレも多いです。天井の隅にカビもはえ易い。注意して換気を十分にして下さい。暗かったら、明るい電気に換える。それだけで気分がぱっと明るくなります。窓がなくて、閉塞感があれば、壁に滝の絵をかける。水がザアザア流れている滝。見るだけで密室にいることを忘れます。工夫次第ですね。

 その上に肝心なのは「あなたの城」にすることです。読書家、スポーツマン、美術愛好家、ハイテクマン、教育者。部屋の壁に自分は何者であるかを示す決定的なものをかけること。毎日それを見るたびに自分が精進できるものを置くこと。それがあなたの核です。帰宅して、ドアを開けた時、「いい家だな」と毎日思えたら、完成です。そんな家はもうきれいを通り越して「美しい家」になっているはずです。あなたの城ができました。さあ、ここから、世界に向かってチャレンジです。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

樋口ちづ子 (Chizuko Higuchi)

樋口ちづ子 (Chizuko Higuchi)

ライタープロフィール

カリフォルニア州オレンジ郡在住。気がつけばアメリカに暮らしてもう43年。1976年に渡米し、アラバマを皮切りに全米各地を仕事で回る。ラスベガスで結婚、一女の母に。カリフォルニアで美術を学び、あさひ学園教師やビジュアルアーツ教師を経て、1999年から不動産業に従事。山口県萩市出身。早稲田大学卒。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る