シリーズアメリカ再発見㊽
地球は回っている
ハワイ島マウナケアの日の出

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

ハレマウマウ火口から立ちのぼる噴煙Photo @ Mirei Sato

ハレマウマウ火口から立ちのぼる噴煙
Photo @ Mirei Sato

仮眠して、昼過ぎから火山を見に出かけた。ハワイ島には、マウナロアとキラウエアという、世界でも最も活発な火山が2つある。平べったいマウナロアは、30年ごとに噴火すると言われたまま、31年が過ぎた。

もともと、海底噴火でできたのがハワイ島だ。7000万年続く火山活動が、日々、この島の地形をつくり変えている。

ハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)へ行くと、「生きた島」を実感できる。ハレマウマウ火口からは、絶えず噴煙が立ちのぼり、夜に高いところから見ると、真っ赤に燃えている。

彫刻のような溶岩。いつまで眺めていても飽きないPhoto @ Mirei Sato

彫刻のような溶岩。いつまで眺めていても飽きない
Photo @ Mirei Sato

キラウエア火山のビジターセンターにある「Thomas A. Jaggar Museum」Photo @ Mirei Sato

キラウエア火山のビジターセンターにある
「Thomas A. Jaggar Museum」
Photo @ Mirei Sato

 古い溶岩の大地の上に、新しい溶岩が幾層にもわたって流れ、積もっている。ゴツゴツした岩の下にも、のぞけば必ず植物が芽を出し、花も咲いている。生命の力はすごい。

ハワイの火山の女神ペレは、競争を嫌い、負けを認めない性格らしい。ライバルになりそうな美貌の女性や、思いどおりにならない男性に向けて、溶岩を流し、岩にしてしまったとか、木に変えてしまったとか。ナオパカ、オヒア、レフア…。ハワイ島に生息する草木や花には、そんな伝説がたくさんある。ペレは、破壊者でもあり創造者でもある。

溶岩トンネル「Lava Tube」を歩いて通るPhoto @ Mirei Sato

溶岩トンネル「Lava Tube」を歩いて通る
Photo @ Mirei Sato

 ここ数年おとなしかったキラウエア火山は、今年の夏から活発になってきた。海に赤い溶岩がドロドロと流れこむハワイ島名物の光景も、しばらく途絶えていたが、また復活しているという。ペレは今日、だれに嫉妬しているのだろう。

ごつごつした溶岩のすき間から、しぶとく草花が伸びるPhoto @ Mirei Sato

ごつごつした溶岩のすき間から、しぶとく草花が伸びる
Photo @ Mirei Sato

取材協力/Special thanks to Mauna Lani Bay Hotel & Bungalows, Delta Air Lines, and ハワイ島マサシのネイチャースクール

ハワイ島マサシのネイチャースクール
808-937-5555(日本語)
www.minshuku.us

ハワイ島の自然をいつくしみ、「魂を揺さぶる」体験を提供する日系のツアー会社。経験豊富な日本語のガイドがついて、主要なホテルから送迎してくれる。
「世界遺産キラウエア火山と星空観測ツアー」「マウナケア山頂日の出と星空観測ツアー」「ドルフィンスイムツアー」などが人気がある。
新年恒例の「マウナケア山頂から拝む2017年元旦初日の出ご来光デラックスツアー」は現在、参加者を募集中。ヒロ大神宮での初詣もセットになっている。早めの申し込みが必要だ。

Mauna Lani Bay Hotel & Bungalows
マウナラニ ベイ ホテル&バンガローズ

808-885-6622
reservations@maunalani.com
www.maunalani.com
www.maunalani.com/jp(日本語)
Photo @ Mirei Sato

Photo @ Mirei Sato

ハワイ島の北西、リゾート地帯のコハラ・コーストにある。マウナラニは、「天国に手が届く丘」という意味。敷地には、古代ハワイの遺跡が多く残り、パワースポット目当てに訪れる人も多い。
もとはハワイ王族の土地で、ハリウッドのスターや地元の名士が集まる保養地だった。1972年に日本の東急が土地を取得。ゴルフ場とホテル、コンドミニアムなどを備えたリゾートとして、1983年に開業した。日本語を話すスタッフが常駐している。
2013年に改装を終えたばかり。ハワイ島ヒロを拠点にする人気デザイナー、シグ・ゼーン(Sig Zane)のデザインの室内インテリアが好評だ。

1 2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る