「恥ずかしい」を意味するAshamed、Embarrassed、Shyの違い

Ashamed、Embarrassed、Shyは、どれも「恥ずかしい」を意味する単語ですが、これらには決定的な違いがあることを皆さんはご存知ですか?今回は、この3つの表現のニュアンスの違い、および使い分けについてできるだけ分かりやすく解説したいと思います。


1) ashamed
→「(自分に対して)恥ずかしい」

この表現は、自分の言動に対する恥ずかしさを表す場合に用いられます。世間一般的にみて、非常識であったり非道徳的な行為をとってしまったことを後悔する場合によく使われ、「罪の意識」として恥ずかしく思う意味合いもあります。

・I’m ashamed to say that I lost all my money gambling.
(お恥ずかしい話しですが、ギャンブルでお金を全部すりました。)
・You should be ashamed of yourself.
(恥を知れ。)

〜会話例〜
A: Did you hear Jesse got caught stealing?
(ジェッシーが万引きして捕まったこと聞いた?)
B: Yeah, I heard he’s pretty ashamed of himself.
(うん、彼女、かなり恥ずかしく思っているみたいだよ。)

2) embarrassed
→「(他人に対して)恥ずかしい」

この表現は、人前で失態を犯して恥をかいた時などに、他人の目が気になって恥ずかしく思う場合に使われます。ashamedは恥ずかしく思う気持ちが自分自身に向いているのに対し、embarrassedは恥ずかしく思う気持ちが他人に向いているのが大きな違いでしょう。

・I’m pretty embarrassed that I called him by the wrong name.
(彼を間違った名前で呼んで、かなり恥ずかしいです。)
・I can’t believe I tripped in front of everyone. I’m so embarrassed.
(皆んなの前でこけたなんて信じられない。本当に恥ずかしい。)

〜会話例〜
A: I heard you showed up to a formal event in jeans.
(フォーマルなイベントにジーンズで参加したんだって?)
B: Please don’t remind me. I’m still embarrassed about it.
(その話しはやめてくれ。今でも恥ずかしく思ってるよ。)

3) shy
→「(性格が)恥ずかしがり屋」

Shyは、上記2つのように感情としての恥ずかしさを表すのではなく、性格としての恥ずかしさ、つまり恥ずかしがり屋な性格を表す場合に用いられます。

・I met Tony yesterday. He was a nice guy but seemed a little shy.
(昨日、トニーに会いました。優しい方ですが、ちょっと恥ずかしがり屋でした。)
・She’s not as shy as you think. Once you get to know her, she’s really talkative.
(彼女は思っているほと恥ずかしがり屋ではありません。仲良くなると、結構おしゃべりですよ。)

〜会話例〜
A: How would you describe yourself?
(あなたはどんな人ですか?)
B: I’m bit of an introvert. I’m pretty shy around strangers.
(ちょっと内向的な性格で、よく人見知りをします。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る