Bandai Namco Entertainment America, Inc.
アメリカのビジネスは、今

今、アメリカのビジネスシーンはどうなっているのだろう?
困難をどう乗り越えたのか。成功の鍵はどこにあるのか。
キーパーソンに、アメリカでのビジネスのヒントを聞いた。

カリフォルニア州サンタクララにオフィスを構えるBandai Namco Entertainment America, Inc. COO Hide Irie氏に話を聞いた。

これまでの経歴

1988年、電子部品・半導体販売をおこなう加賀電子のアメリカにおけるビデオゲームビジネス立ち上げに着手したのが渡米のきっかけです。ちょうど8ビットのゲームが全盛期でした。その後アスキーアメリカのCOOを経て、セガオブアメリカのCOOをやっておりましが2005年に独立、自身でゲーム販売会社を立ち上げ、その後、2015年からバンダイナムコエンターテイメントアメリカでCOOをつとめています。
 

アメリカで現在力をいれている事業

Googleが、ゲーム開発者イベントGDCでSTADIAを発表したことからもわかるとおり、ゲームは全てクラウド化し、ハードがいらなくなる時代がくる、というのはまさにその通りだと思っています。コンテンツが命であることは変わりませんが、プラットフォームはコンソールからクラウドを中心としたマルチプラットフォームへとこの数年で移行するでしょう。これをビジネスチャンスと捉えて事業開発を進めています。

(STADIA :Googleのデータセンタで動くゲームをYouTubeのように動画として送信することで、専用機がなくてもテレビやパソコン、スマートフォン(スマホ)などの「画面」付きの端末を使ってクラウド経由でゲームが楽しめるサービス)

私が子供のころは1人でゲームをするのが基本、誰かと対戦をしたければ友達を呼んだり、友達の家にいったりしていました。しかし今はネットワーク対戦がキーワード。ゲームの遊び方は時代と共に変化しており、先にも申し上げた通り、ボックスやハードがなくなる日が近い。その変化が楽しみです。
 

e-Sports は格闘技を中心に

アニメに関連したゲームのリアルイベントも非常に強いコンテンツです。「ドラゴンボールファイターズ」やナムコオリジナルタイトルの「鉄拳7」、「ソールキャリバー6」も大変人気ですので、e-Sportsイベントは格闘技系のゲームを中心に展開していきます。また、格闘技系ゲームはファンのオンラインコミュニティが確立してきています。格闘系以外のゲームでもコンテンツごとにオンラインコミュニティを築いていくことが今後の展望です。


 

アメリカだから特別、ということはない

日本からアメリカに進出しようと考えていらっしゃる方に伝えたいことは、アメリカに来たら、社会的な風習含め、日本の常識を一度捨ててほしい、ということです。日本では当たり前のこともアメリカでは全く異なることは多々あります。自分のこれまでの「普通」を冷静に考えて、疑ってみてください。

たとえば、日本ではほとんどの会社において、社内の部署移動や個人の評価に関して人事部が権限を持っています。しかし、アメリカは直属の上司がその権限を持っています。よく考えてみれば、人事部の権限でマーケティング職の人を来月から営業職に、経理職に、などという日本式の人事異動は、少しおかしいですよね。個人の専門やスキルにあった職があるものですから。

自分で仕事を立ち上げ経営もしていましたが、小さい会社だったこともあり、対個人の人間関係がとても大事でした。社員との信頼関係を築くことが最も重要なことで、それはアメリカだから特別、ということではないと思います。

アソビきれない毎日を

韓国や中国では、子供が20−30時間通してゲームをし続けることが社会問題となっています。なぜそんなにも長い時間ゲームを離れないか。その理由は、ネットワーク対戦などで友達と同時にプレイしているため、1人抜けることでゲームが成立しなくなり、ゲームの結果に影響するから途中でゲームを抜けづらい、ということらしいです。

バンダイナムコのスローガンは「アソビきれない毎日を」。エンターテイメントの機会を消費者に提供することがゴールです。つまり、消費者に選択肢を与えています。長時間プレイさせて課金をさせよう、というのは本末転倒ですしこの一部のネットワークゲームがそうであるようにコミュニティに属させて抜けられないと思わせるようなゲーム作りはしていません。

現在は、ゲームに限らず、NetflixやHuluなど毎日を楽しむための様々なエンターテイメントが存在しており、いかに消費者の時間を獲得するか、が大事になってきています。消費者に選ばれる、中身の濃いコンテンツをこれからも引き続き作っていきたいと考えています。

 

Bandai Namco Entertainment America, Inc.

■ホームページ:www.bandainamcoent.com/
■住所:2051 Mission College Blvd. Santa Clara, CA 95054

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る