Howdy Y’all !!!

文/山田由美(Text by Yumi Yamada)(テキサス州)

今年の春先には何回か雹の被害があり、かなり広範囲な地域で屋根を修理している家を見かけました。6月9日にはダラスエリアは強力なサンダーストームに見舞われて、洪水や停電が至る所で起こっていました。町の大通りにも水が溢れて、フリーウェイの下の道は冠水していました。

驚いたことに、このストームのせいでダラスのDFW Airportからほかの地域へのフライトがキャンセルされたため、ストーム当日だけではなく翌々日までダラスに戻れなかった方たち、もしくはダラスからご自宅に帰れなかった方たちも大勢いました。テキサスは土地も広く、なんでもテキサスサイズなのですが、自然災害が起こる時の規模もテキサス級なのだと実感しました。

豪雨後の川の様子

そして、ここは一年中暑いと思われているダラスです(実際には冬場は0℃以下になりますので、ダラスの冬はかなり寒くなります)。すでに外気温は95℉越えになるなど、毎日の最高気温は右肩上がりです。

春先に雨が多かったのですが、暑いダラスは今後夏場になるまでどれだけ雨が降るかが分かりません。水をかなり大量に使用するスプリンクラーシステムは要注意で、使用時間や使用可能な日数等は市ごとに違います。夜間のみ使用可能になりますし(日中はすぐに乾燥してしまい、結果かなーり多めに水をまかないと土にしみこまないため)、スプリンクラーを稼働できるのも最大週2回もしくは1回になります。ときどき停電したことに気が付かず、タイマーの時計が初期化されてしまって日中にスプリンクラーで水をまいてしまうと、シティコードに引っかかり、結果として罰金を支払うことにもなりかねません。

スプリンクラーシステムも大事ですが、夏場はほとんど毎日90℉(32℃)後半か110℉(43℃)越えのダラス地域ですので、エアコンの調子が悪いと死活問題になります。各シティにはレギュレーションが決められていて、冬場であれば65℉(18℃)以上に温度設定ができなくてはなりません。

エアコンは3カ月ごとのフィルター交換も含めて、定期的なメンテナンスが必要です。ほとんどの方が知らないようですが、屋根裏にあるA/C ユニット下のパネルについているパイプと、その横にある外に水を排出するパイプも1年に1回、漂白剤をコップに半分くらいゆっくり流して、パイプの詰まりを取る必要があります。本格的に暑くなる前に、一度A/Cのお手入れをしてみてはいかがでしょうか? 本当に熱い夏場は、屋根裏に上っても5分以上続けて作業をすることはできません。

ちなみに私が冒頭で「Howdy Y’all!!!」と書いたのは、テキサン(テキサス地元民)が言う「Hello, Everybody!」もしくは「How do you do? Everybody?」のテキサス訛りです。「Y’ALL Come Back」と最後に言うことも多いのですが、こちらは皆さん、ぜひテキサスに帰って来てくださいねという意味です。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

山田由美 (Yumi Yamada)

山田由美 (Yumi Yamada)

ライタープロフィール

テキサス州ダラスの不動産エージェント。ダラス地区不動産に関する賃貸、売買をはじめ、商業物件、事務所、不動産投資まで幅広くサポート。リフォームや不動産管理も手がけ、ダラスの不動産事情に通じている。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る