デルタ航空、米国運輸省の最終承認を受け、2020年春に羽田から米国行き7路線を運航 〜 羽田空港で最大の運輸規模を持つ米国航空会社に

米国運輸省が8月9日に発表した羽田発着枠に関する最終決定により、デルタ航空は、羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、オレゴン州ポートランドを結ぶ5路線の承認を獲得した。これにともない、2020年3月よりアメリカ-東京間の全運航便を成田空港から羽田空港に移行する。

現在運航されているミネアポリス、ロサンゼルス線に加え、羽田運航便は全部で7路線となり、羽田空港で最大の運航規模を持つ米国航空会社になる。

都心に近い羽田空港から米国本土のデルタ航空のハブ空港や主要各地への直行便を運航することにより、アメリカ大陸290都市への乗り継ぎがこれまで以上に便利になる。

羽田発着路線には最新プロダクトを搭載した機材を使用。デトロイト線とミネアポリス線にはデルタ航空のフラッグシップであるエアバスA350-900を、シアトル線には最新ワイドボディ機材エアバスA330-900neo、アトランタ線とロサンゼルス線には改装済みのボーイングB777-200ERを使用する。ポートランド線は、より座席数の多いエアバスA330-200ERに大型化し、ホノルル線にはボーイングB767-300ERを使用する。

出張で日本に向かうビジネスマンや日本各地に帰省する一般客にも利用しやすくなる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る