就職&転職ガイド

Web面接の対策と注意点

対面での面接を希望する日系企業は少なくないが、州をまたいだ転職が頻繁に行われるアメリカではすべての選考プロセスがWebのみで完了することも一般的だ。コロナ禍によりWeb面接がニューノーマルにもなりつつあるので、オンライン上でのインタビューに備えておくことをおすすめする。

Web面接のメジャーなツール
Skype、Zoom、Google Meet、Whereby
GoToMeeting、Webex、FaceTime

企業独自のツールを使用する場合も!

ネット環境の確認

100%の状態で面談に挑めるよう、安定したネット環境を整えよう。十分なネット速度はあるか、インターネットの速度測定ができるWebサイトで確認してみると良い。自宅の中でも特にネットが届きやすいベストなロケーションを見つけておこう。

入念な準備と練習

不要なトラブルを避け、面接に集中できるように準備をしよう。友人や家族に頼んで練習するのも良い。カメラ・音声の確認機能が付いたツールもある。もしトラブルが起きても慌てず落ち着いて対応し、面談を再開すれば問題はない。事前に緊急用の連絡先を聞いておくことも有効だ。

事前点検のポイント
◆使用するツールは最新のバージョンになっているか
◆カメラはオンになっているか、適度な距離感を保ち目線と同じ位置にあるか
◆音声はオンになっているか。外付けのマイクを使うのがおすすめ

視覚情報を意識する

「人は見た目が9割」といわれる。これはアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した法則を根拠としており、人の行動が他人に及ぼす影響の7%は話の内容などの言語情報、38%は口調や話の早さなどの聴覚情報、55%は見た目などの視覚情報であるというものだ。

Web上での画面越しのやりとりは対面に比べて細かい表情やリアクションが伝わりにくく、機械的な印象を与えがち。より思いを相手に伝えるため、うなずく、微笑む、ボディランゲージなど、感情を伝えるアクションを通常より多く取り入れよう。

やってはいけないこと

リモートだからと気を抜く人がいるが、画面越しでも自身が思っている以上に多くのことが面接官に伝わっている。自分が取るアクション、発信する情報すべてが判断材料の一つになることを念頭に置き、余念なく準備して挑もう。

これはNG!
◆背景に映り込む余計なものをそのままにしている
◆髪型や身だしなみ、カメラに映らない下半身をいい加減にしている
◆使用アカウントのプロフィール写真が砕けすぎている
◆面談中に携帯電話や関係のないWebサイトを見る
◆携帯電話や周辺機器をマナーモードにし忘れている
◆面談が終了した直後に気を抜いて表情を切り替えている
1 2 3

4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る