「おごる」や「ご馳走する」は英語で?

これまで多くの生徒さんから質問があった「おごる」や「ご馳走する」の英語についてご紹介いたします。夕食をご馳走したり、お酒をおごったり、状況に応じた適切な表現をマスターしましょう!


食事/飲み物をおごる場合

1) I’ll get / I got it
→「私がおごるよ(払うよ)」

このフレーズはカジュアルで最も頻繁に使われるフレーズです。“it”は伝票のことを指すので、代わりに「I’ll get the bill/check/tab」と言うこともでき、お会計のタイミングに使います。友達や家族に「私が払うよ」とフレンドリーな感じで言うイメージです。

✔︎おごってもらった相手に「次回おごるよ」は「I’ll get it/you next time.」

・I’ll get it.(おごるよ。)
・Don’t worry guys. I’ll get the bill today.(心配せんでええから。今日は俺のおごりやし。)
・Thanks Pete. I’ll get you next time.(ピーターさんありがとう。次回おごるね。)

2) It’s on me.
→「私のおごりです」

上記同様にネイティブによく使われる表現です。ここの“It”は“Dinner(食事)”や“Drinks(飲み物)”を指すので、「Dinner is on me(食事は私のおごりです)」や「Drinks are on me(飲み物は私のおごりです)」と言うこともでき、お会計のとき以外にも「今夜おごるから食べに行こう」のように、友達や同僚を食事に誘うシチュエーションでも使われます。

・It’s on me tonight.(今夜は私のおごりです。)
・Let’s grab dinner tonight. It’s on me.(今夜、夕食を食べに行こう!おごるよ。)
・Drinks are on John.(飲物代はジョンのおごりやって。)

3) (It’s) my treat
→「ご馳走する」

このフレーズは「It’s on me」よりも丁寧な言い方で、何か特別な出来事があった時や、大事なお客さんに対しても使われます。お会計時は「It’s my treat」、食事に誘う時は「I’ll treat you」と表現します。

✔︎“It’s”を省いて「My treat」でもOK。

・It’s my treat tonight.(今夜は私がご馳走します。)
・Don’t worry about the bill. My treat.(お会計の心配はいりません。ごちそうしますので。)
・I’ll treat you to lunch this weekend.(今週末、ランチをご馳走するよ。)

飲み物をおごる場合

1) I’ll buy you a drink
→「一杯おごるよ」

バーで「一杯おごるよ」とカジュアルに言う場合によく使われる定番フレーズです。

・I’ll buy you a drink. What do you want?(一杯おごるよ。何がいい?)
・Let me buy you a drink.(一杯おごらせてーなー)
・Let’s go to the bar. I’ll buy you a drink.(バーに行こうよ!一杯おごるからさっ!)

2) This round is on me
→「このラウンドは私がおごります」

アメリカではバーに行ったとき、一緒に飲んでいる人の飲み物をまとめて買う習慣があり、これを英語で“Round”と言います。例えば友達3人と飲みに行った場合、3人分(全員分)のドリンクを買うことを「Buy a round」と表現します。

✔︎「I’ll get this round」でもOK。

・This round is on me. What do you want?(このラウンドは私がおごるよ。何がいい?)
・Do you want another round?(もう一杯飲みますか?)
・I’ll get this round. Beers OK?(このラウンドは私がおごるでー。ビールでええか?)
「割り勘」と「個別の支払い」の表現については「お会計時の『割り勘』と『別々』を英語で表現」をご覧ください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る