シリーズアメリカ再発見㉚
胃袋がいなないた!
ケンタッキー 馬とバーボンの旅

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ケンタッキー 旅の参考情報

KY_map_2
 

Horse

Churchill Downs/
Kentucky Derby Museum
704 Central Avenue, Louisville, KY
502-637-1111
www.DerbyMuseum.org
www.KentuckyDerby.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

毎年5月の第1土曜日に行われる「Kentucky Derby」の会場。2015年は5月2日に開催。雨天決行。チケットとホテルは早めに予約を。アメリカ最大規模の花火大会など、70以上の関連イベントが開かれる。
ダービー観戦するなら、女性は、幸運をもたらすと言われる「帽子」でおしゃれをしよう。現地のホテルや会場内ギフトショップでも買える。
年間900のレースが行われるので、ダービーにこだわらなくても、雰囲気は味わえる。
チャーチル・ダウンズでは、レーストラックが見られるツアーや、トワイライトツアーなどを催行。併設の「ダービー博物館」では、ダービーの歴史や裏話を学べる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Kentucky Horse Park
4089 Iron Works Parkway, Lexington, KY
800-678-8813
KyHorsePark.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

1200エーカーの広大な土地に、200頭ほどの馬がいる。馬術の競技場や、ショー会場、馬に関する博物館などがある。馬が引くトロリーツアーが人気。
引退したサラブレッド、ダービー出走馬たちと触れ合える施設があり、1990年代を風靡したシガー、人気者のファニーサイドなどを間近で見られる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Keeneland Race Course
4201 Versailles Road, Lexington, KY
859-254-3412
www.keeneland.com

レキシントンにある、アメリカでも有数の美しい競馬場。サラブレッドの競り市が有名。取引価格は数千ドルから数百万ドル。4〜10月は競馬レースも開催される。ツアーもある。

 

Bourbon
バーボン

Jim Beam American Stillhouse
526 Happy Hollow Road, Clermont, KY
502-543-9877
www.AmericanStillHouse.com

Photos © Mirei Sato

Photos © Mirei Sato

バーズタウン近郊にあるジム・ビームの蒸留所。昨年ビジターセンターがオープンし、製造工程の見学ツアーも始まった。12種類の試飲ができる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Woodford Reserve Distillery

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

7855 McCracken Pike, Versailles, KY
859-879-1812
www.WoodfordReserve.com

少量生産のバーボンで通に人気のウッドフォード・リザーブの蒸留所。グレンズ・クリークにあり、小川が流れ、草が生い茂り、小鳥がさえずる。国の史跡に指定されていて、どこも絵になる景色。最近改装したばかりで、ビジターセンターは、カントリースタイルのおしゃれな雰囲気で統一されている。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Kentucky Bourbon Trail
www.KYBourbonTrail.com

フォアローゼズ、ジム・ビーム、メーカーズ・マーク、ワイルド・ターキー、ウッドフォード・リザーブなど、8カ所の蒸留所がメンバーとなり、見学ツアーなどの紹介をしている。


Urban Bourbon Trail
www.BourbonCountry.com

ルイビルにはバーボン製造の長い歴史があるが、一般が見学で回れるツアーや蒸留所は少ない。それで、地元のカフェや、隠れ家的なレストラン、人気のバー、ライブハウスなど、ケンタッキー・バーボンが飲める店を網羅して紹介している。日本のウィスキーとアメリカのバーボンを飲み比べる、なんていう企画もある。パスポートを入手して、6カ所からスタンプを集めると、Tシャツや証明書がもらえる。


National Bourbon Heritage Month
www.Kybourbonfestival.com

毎年9月は、全米バーボン歴史月間。1992年からバーズタウンで続く「Kentucky Bourbon Festival」も秋に開かれる。

 

Eat
食べる

Harvest
624 E. Market Street, Louisville, KY
502-384-9090
www.HarvestLouisville.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ルイビルで最近開発された「NuLu」地区にあるレストラン。オーナーのアイボー・チョドウスキーさんが、近隣の農家と提携し、食材の8割を半径100マイル以内で調達している。チキンリバーのフライ、バーベキューなどを、バーボンと合わせて。
ルイビル周辺には、競走馬産業で成功した富裕層が多く、ここに牧場をもつハリウッドのセレブもいる。そのため小都市の割にハイエンドな店が多く、個人経営のレストラン数はアメリカでも上位にはいる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


The Brown Hotel
335 W. Broadway, Louisville, KY
502-583-1234
www.BrownHotel.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ルイビルの歴史的ホテル。レストラン「グラハムズ」で、名物の「元祖ホット・ブラウン」が食べられることで有名。1926年に考案されたオリジナルレシピを守り続ける。
ホット・ブラウンはケンタッキーではランチの定番アイテムで、市内のレストラン約40カ所で食べられる。その店独自のスタイルがあり、サンドイッチではなく、スープやハンバーガー、ピザ風にアレンジしたものもある。こうした店を網羅した「The Hot Brown Hop」を参考にしたり、フードツアー(CulinaryLouisville.com)に参加したりしても楽しめる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Nord’s Bakery
2118 South Preston Street, Louisville, KY
502-634-0931
www.NordsBakery.biz

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ルイビルでも古いネイバーフッド、ジャーマンタウンにある、家族経営の小さなベーカリー。ドーナツ、特にベーコンを使った「Bacon maple doughnuts」が有名で美味。早朝から列ができる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Blue Dog Bakery and Cafe
2868 Frankfort Avenue, Louisville, KY
502-899-9800
www.BlueDogBakeryAndCafe.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

クレセントヒル地区にあるヨーロッパ風のベーカリー。手作りのパンとイタリアンコーヒーが人気。季節に合わせたベリー類を使うクロワッサンが有名だ。チェリーアーモンドクロワッサン、アプリコットアーモンドスコーンなど。1個3〜4ドルと、質の割に値段が手頃なのもいい。
オーナーが養豚場をもっているので、ベーカリーながら肉のカットも売っている。ランチやブランチのメニューで、自家製ベーコンなども食べられる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Bourbon Barrel Foods
1201 Story Avenue, Suite 175, Louisville, KY
502-333-6103
BourbonBarrelFoods.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

上質のバーボンができるなら、しょう油だってつくれるはず。ルイビル出身のマット・ジェイミーさんが思いつき、独学で始めたビジネス。「Bluegrass Soy Sauce」や、バーボンの樽でねかせたウスターソース、テリヤキならぬ「Kentuckyaki」などを売っている。

 

ケンタッキーの最新観光情報はここで!

Kentucky Department of Travel and Tourism
www.KentuckyTourism.com

Louisville Convention & Visitors Bureau
www.gotolouisville.com

Lexington Convention & Visitors Bureau
www.VisitLex.com

Mississippi River Country
ExperienceMississippiRiver.com

1 2 3

4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る