トーランス クラフトビール最前線 ③
The Dude’s Brewing Company

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

「トヨタ、ホンダ、日産の米国拠点。日系駐在員の大きなコミュニティーがあり、日本食レストランのメッカ」。ロサンゼルス近郊の街トーランス(Torrance)は、在米日本人の間ではそんなイメージで知られてきた。しかし最近のトーランスは、「クラフトビールの流行発信地」という、ずいぶん違った顔をもつ。南カリフォルニアはもとより全米・海外からもビール好きが訪れる、トーランスのマイクロ・ブリューワリーを、数回にわたって紹介する。

カリフォルニアののんびりしたサーファーのライフスタイルを思わせるデザイン Photo © Mirei Sato

カリフォルニアののんびりしたサーファーのライフスタイルを思わせるデザイン
Photo © Mirei Sato

Courtesy of The Dude's Brewing Company

Courtesy of The Dude’s Brewing Company

 あまり知られていないが、トーランスはれっきとした「ビーチタウン」だ。海岸線を北にちょっとあがると、レドンドビーチ、ハーモサビーチ、マンハッタンビーチという有名どころ、個性的なコミュニティーがあるために、地元でもちょっと影は薄いのだけれど…。

 2014年9月にトーランスにオープンしたマイクロ・ブリューワリーの「デュード」(Dude’s)は、トーランスが発揮しきれていない「ビーチタウンらしさ」の魅力、引力を前面に出している。

 缶やロゴのデザインは、レイドバックしたサーファーのライフスタイルを思わせる。

 名前が「デュード」(野郎ども、の意)というからには、オトコくさいブリューワリーかと想像していたが、実際の醸造施設は清潔で、洗練されたテクノロジーを駆使。そのギャップが、おもしろい。

スコット・ショーさん(右)と、トビー・ヒュムスさん Photo © Mirei Sato

スコット・ショーさん(右)と、トビー・ヒュムスさん
Photo © Mirei Sato

 案内してくれたスコット・ショーさんとトビー・ヒュムスさんいわく、「自分自身についてはそんなにまじめに考えないけれど、ビールづくりには超まじめに取り組んでいるよ」。

 15のタンクと60のバレルが整然と並び、すべてのプロセスが入念な管理のもと、自動で流れていく。無駄を省き、汚染を防ぎ、味に一定感をもたせるためだ。

 ブリューワリーによっては、ビールをつくるタンクごとに味が違う、それがクラフトビールの魅力、と言い切るところもあるが、デュードの場合、味にも質にもバラつきがないよう心がけているそうだ。

 定番は、最初につくったビールで今もベストセラーの「ダブル・トランク」(Double Trunk)。新しい味を求めて、つねに数種類の「実験」も行われている。ピーカンナッツやチョコレートなどを使うこともある。

 変わりダネでは、「ブラッド・オレンジ・アンバー・エール」(Blood Orange Amber Ale)がある。アメリカのスーパーで売っているオレンジ・クリームのキャンディーのような味なのだが、甘過ぎず、意外にハマりそうなビールに仕上がっている。

 クラフトビールの世界でも、ソーシャル・ネットワーク(SNS)の力は偉大だ。デュードはオープン以降、「グルーポン」でお得な試飲チケットを売ったが、ものすごい反響があったという。21〜31歳の客が多い。ソーシャル・ネットワークで口コミの輪を広げ、近隣のブリューワリーと提携したイベントも盛んに行われている。

Courtesy of The Dude's Brewing Company

Courtesy of The Dude’s Brewing Company


 

すべて自動。洗練されたシステムでビールをつくっている Photo © Mirei Sato

すべて自動。洗練されたシステムでビールをつくっている
Photo © Mirei Sato

The Dude’s Brewing Company
1840 W 208th Street, Torrance, CA
424-271-2915
www.thedudesbrew.com

 テイスティングルームの営業時間は、木金3〜10pm、土日12〜10pm。
 ニューポートビーチと、サウザンドオークスにも、今年の秋、テイスティングルームをオープンする予定。

ボウリングのピンに見立てた板で出てくるサンプラー Photo © Mirei Sato

ボウリングのピンに見立てた板で出てくるサンプラー
Photo © Mirei Sato

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る