好き嫌いが分かれる?!「The Nice Guys」(5月20日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 NICE GUYS, LLC

© 2016 NICE GUYS, LLC


 70年代のロサンゼルスを舞台にラッセル・クロウ扮するタフガイとライアン・ゴスリング扮する軟弱な探偵がタッグを組んで予想外の活躍をするコメディー・ドラマの本作は、映画記者仲間で好き嫌いがハッキリと分かれた作品だ。

 シリアスかと思えばお笑いがあり、クールなアクションにスラップスティックなアクションがあったりと、相反する要素をミックスしているために「方向性が見えなくて混乱した」と毛嫌いする記者が多かったが、筆者は大いに楽しんだ。

 脚本・監督を担当するのは、20代半ばで「Lethal Weapon」の脚本を書き、ハリウッドの寵児となったシェーン・ブラック。相反する要素がミックスした作風は往年の彼の作品のトレードマークなので、ブラックの過去作が好きな人なら楽しめるハズだ。

 本作の取材でクロウは、タバコをふかしながら上機嫌でいろいろな話をしてくれたが、「撮影現場には愛用のチャリで通勤する」という発言には仰天した。「土地勘を得るのが好きで、それには自転車が一番」と話す彼は、「宿と現場の距離によるけど、週に100キロは走っている」とサラリと言う。共演のゴスリングいわく、「撮影後半には、ラッセルのチャリ通勤を考えて、ロケ地を宿の近くに設定するようになった」とか。

 自分の街で彼の新作の撮影があるときは自転車に乗っているラッセルを目撃するかも?(5月20日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る