好き嫌いが分かれる?!「The Nice Guys」(5月20日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 NICE GUYS, LLC

© 2016 NICE GUYS, LLC


 70年代のロサンゼルスを舞台にラッセル・クロウ扮するタフガイとライアン・ゴスリング扮する軟弱な探偵がタッグを組んで予想外の活躍をするコメディー・ドラマの本作は、映画記者仲間で好き嫌いがハッキリと分かれた作品だ。

 シリアスかと思えばお笑いがあり、クールなアクションにスラップスティックなアクションがあったりと、相反する要素をミックスしているために「方向性が見えなくて混乱した」と毛嫌いする記者が多かったが、筆者は大いに楽しんだ。

 脚本・監督を担当するのは、20代半ばで「Lethal Weapon」の脚本を書き、ハリウッドの寵児となったシェーン・ブラック。相反する要素がミックスした作風は往年の彼の作品のトレードマークなので、ブラックの過去作が好きな人なら楽しめるハズだ。

 本作の取材でクロウは、タバコをふかしながら上機嫌でいろいろな話をしてくれたが、「撮影現場には愛用のチャリで通勤する」という発言には仰天した。「土地勘を得るのが好きで、それには自転車が一番」と話す彼は、「宿と現場の距離によるけど、週に100キロは走っている」とサラリと言う。共演のゴスリングいわく、「撮影後半には、ラッセルのチャリ通勤を考えて、ロケ地を宿の近くに設定するようになった」とか。

 自分の街で彼の新作の撮影があるときは自転車に乗っているラッセルを目撃するかも?(5月20日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるH&X Technologies, Inc.のC...
  2. カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  3. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるHORIBA Instruments Incorpo...
  4. モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータ...
  5. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る