〔シンガポール〕データセンターのアイネット、拠点開設

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

独立系データセンター大手のアイネット(横浜市)は5日、シンガポールに駐在事務所を開設したと発表した。IT関連市場の成長が著しい東南アジアで商機を模索する。新事務所では、東南アジアでの情報収集や市場調査、新規事業展開の検討などを実施する。アイネットは以前、海外に事業拠点を置いていたが、現時点では唯一の海外拠点となる。

経営戦略室の担当者はNNAに対し、「データセンターやシステム開発などの分野でシナジー効果を生み出すことができる事業候補を模索する」と話した。

アイネットは東証1部上場。データセンター、クラウドサービスを含む情報処理サービスや、宇宙、金融、小売り、建設など幅広い業種を対象にしたシステム開発サービスなどを手掛ける。2019年度〜21年度の中期経営計画では海外事業への投資を戦略の一つに掲げており、東南アジアに拠点を開設する計画を明らかにしていた。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る