手洗い&うがいの基本を大切に 〜 インフルエンザ、コロナウイルス感染予防のために

感染拡大の勢いが止まらないコロナウイルス。2月10日現在、アメリカ国内では12名の感染者が見つかっていて、全世界では28カ国で感染者が確認されている。
各メディアでも感染者数の増加を連日報道している。感染力の高さに驚異を感じるが、実はアメリカではインフルエンザも今年は大流行の兆しがあり、感染者は2200万人を超えるだろうとの報道もある。

いずれも感染力が強いために予防には注意が必要だが、基本に忠実な予防策が一番効果が高いと言われている。

その方法とは次の6項目が効果が高い。
1)石鹸を使い水で約20秒くらいよく手を洗うこと、もしくはアルコールベースの消毒液を利用すること。
2)洗う前の手で目、鼻、口を必要以上に触らないこと。
3)病気の人との接触を避けること。
4)病気の時は外出せずに自宅療養すること
5)咳やくしゃみをするときはティッシュなどで覆い、使用したティッシュはその都度捨てること
6)頻繁に触れる物や表面をきれいにして消毒もしておくこと

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のホームページではコロナウイルスやインフルエンザの各地の感染者数などの情報が見られる。

インフルエンザ情報
https://www.cdc.gov/flu/index.htm
https://www.cdc.gov/flu/weekly/index.htm#ILIMap

コロナウイルス情報
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/index.html

また日本の外務省で海外渡航の注意喚起情報を、厚生労働省ではコロナウイルス情報を提供している。
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

刻々と状況が変わっているので常にニュースを確認し、万が一感染が疑われる症状が出た場合は速やかに病院、医療関係者に連絡を取り指示を仰ぐようにと注意している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る