手洗い&うがいの基本を大切に 〜 インフルエンザ、コロナウイルス感染予防のために

感染拡大の勢いが止まらないコロナウイルス。2月10日現在、アメリカ国内では12名の感染者が見つかっていて、全世界では28カ国で感染者が確認されている。
各メディアでも感染者数の増加を連日報道している。感染力の高さに驚異を感じるが、実はアメリカではインフルエンザも今年は大流行の兆しがあり、感染者は2200万人を超えるだろうとの報道もある。

いずれも感染力が強いために予防には注意が必要だが、基本に忠実な予防策が一番効果が高いと言われている。

その方法とは次の6項目が効果が高い。
1)石鹸を使い水で約20秒くらいよく手を洗うこと、もしくはアルコールベースの消毒液を利用すること。
2)洗う前の手で目、鼻、口を必要以上に触らないこと。
3)病気の人との接触を避けること。
4)病気の時は外出せずに自宅療養すること
5)咳やくしゃみをするときはティッシュなどで覆い、使用したティッシュはその都度捨てること
6)頻繁に触れる物や表面をきれいにして消毒もしておくこと

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のホームページではコロナウイルスやインフルエンザの各地の感染者数などの情報が見られる。

インフルエンザ情報
https://www.cdc.gov/flu/index.htm
https://www.cdc.gov/flu/weekly/index.htm#ILIMap

コロナウイルス情報
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/index.html

また日本の外務省で海外渡航の注意喚起情報を、厚生労働省ではコロナウイルス情報を提供している。
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

刻々と状況が変わっているので常にニュースを確認し、万が一感染が疑われる症状が出た場合は速やかに病院、医療関係者に連絡を取り指示を仰ぐようにと注意している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る