カテゴリー:ヘルストピックス

  • REPORT
    乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の目的とは「早期に発見する」、それが一番です。罹患率と死亡率は違います。女性のがん...
  • REPORT
    乳がん早期発見啓発セミナー Part1

    「乳がん早期発見:検診、家族性、告知、そして治療へ」 キャロル西久保医師  乳がんは70年代、80年代には日本人女性には珍しい病気でした。しかし...
  • 腸内フローラとプロバイオティクス

    「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがあるだろうか?  腸内に存在する100兆匹もの微生物の様子がお花畑のようにも見えることから、微生物群である腸内細菌の環境をそう呼ぶよ...
  • スマホ依存症を脱する

    1週間目の目標: 使用時間を制限する  朝起きて最初にすることは何だろう? 携帯の画面を見て、LINEやメールは届いていないかを確認すること? それよりもまず、携帯...
  • アメリカの水道水事情って?浄水器を買う人が増えている理由

    世界とアメリカの水道水事情 国土交通省が2004年に発表しているデータによると、世界で安全に水道水が飲める国は、日本を含めたわずか13カ国と言われています。また、イエール...
  • アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退することで、日常生活や社会生活を営めない状態を言う。現状は、検査結果で判断するのではなく...
  • トピックス
    日本から来た長寿のジュース Aojiru

    今やAojiruとしてアメリカでも通用するほど、一般的な健康飲料として受け入れられている青汁。別名「日本から来た長寿のジュース」。なぜ青汁が重宝されているのか? 健康...
  • 眠りの世界に、品質を The Quality Sleep

    今朝、目を覚ました瞬間のことを思い出してください。 ぐっすり眠れた記憶がある方、どれ程いるでしょうか。 「良い眠りには、サイエンスのチカラがいる。」 今回は、眠りの専門家「a...
  • トピックス
    もしかしてノイローゼ?
    7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英語では「ナーバス・ブレークダウン」と呼ばれるノイローゼ。これは医療用語でもなけれ...
  • 身体をほぐして痛みをなくす
    天城流湯治法

     普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち膝の痛みにも襲われるのではないかという漠然とした不安も抱えている。そこで、未然に...
  • 心臓疾患を招く12の習慣

    アメリカの成人の3人に1人は、循環器と心臓の疾患に悩まされている。循環器と心臓の疾患は突然死の原因にもなり、深刻だ。では、心臓疾患につながりやすい悪しき習慣とはどのようなも...
  • 原始時代に戻って健康になる
    パレオダイエットとは?

    食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注目を集めているのがパレオダイエットだ。別名「ケーブマン(洞窟人)ダイエット」。コ...
  • 体験レポート
    NESシステムでエネルギー診断

    トータルウェルネス  ホリスティックセラピーという言葉を聞いたことがあるだろうか?  これは身体だけでなく、感情や置かれた環境も含めて、人の総合的な健康状態をとら...

注目の記事

  1. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  2. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  3. 2016-10-1

    スキルアップ&キャリアップ 生涯学習スクールガイド

    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  4. 2017-6-1

    2017 知っておくべき アメリカ移民法最新事情

    永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  5. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る