ど・れ・に・ し・よ・う・か・な?
シンガポール航空の「選べる機内食」
新プレミアムエコノミークラスで

文&写真/佐藤美玲(Text and photo by Mirei Sato)

東京を経由して多人種多文化のロサンゼルスとシンガポールを結ぶ路線にふわさしく、機内食のオプションも多彩。海南チキンライス、ビリヤニライス、ナシレマッなど Photo © Mirei Sato

東京を経由して多人種多文化のロサンゼルスとシンガポールを結ぶ路線にふわさしく、機内食のオプションも多彩。海南チキンライス、ビリヤニライス、ナシレマッなど
Photo © Mirei Sato

 

 シンガポール航空は、2016年1月17日から、ロサンゼルス〜東京(成田)〜シンガポール線(SQ11便およびSQ12便)に、新しく「プレミアムエコノミークラス」を設置する。

 すでにある、エコノミー、ビジネス、スイートの3クラスに加えて、4つ目のクラスの誕生だ。座席の幅や広さ、リクライニングも、エコノミーに比べてゆったり設計されており、エンターテインメントを楽しむスクリーンモニターや、シート電源なども備わっている。

 目玉は、「事前に選べる食事」。通常、3種類のメーンコースから選べるが、新しいプレミアムエコノミークラスでは、さらに10種類のオプションメニューが用意される。「Book the Cook」(ブック・ザ・クック)の名のもとに、航空券を予約購入する際に、機内食も好きなものを注文する、という仕組みだ。今まではビジネスとスイートのみで採用されていたサービスを、プレミアムエコノミーにも拡大した。

 通常は離陸前に限られているシャンパンも、飛行中ずっと飲み放題。

 チェックインは、プレミアムエコノミー客専用のカウンターで。預け入れ荷物もプライオリティーのタグをつけてもらえる。

Photo courtesy of Singapore Airlines

Photo courtesy of Singapore Airlines

Photo courtesy of Singapore Airlines

Photo courtesy of Singapore Airlines

 ロサンゼルス〜成田〜シンガポール線(SQ11 & SQ12)のプレミアムエコノミークラス(36席)を搭載した飛行機A380は、2016年1月17日から運航開始予定。1月28日までは、週3回(日火金)。1月29日から毎日運航する。
 選べる機内食は、搭乗24時間前までに予約する。エコノミークラスからアップグレードされた場合には、このサービスは適用されない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...
  2.  ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  3.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  4. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  5. 金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る