シャツの裾をズボンに入れる
そんな彼は「前向き」な性格?

tuck

 シャツの裾をズボンの中に入れる(タックする)スタイルを好む男性は、総じて前向きで外交的な生き方をする傾向にあるという調査報告を、下着メーカー大手のフルート・オブ・ザ・ルーム(Fruit of the Loom)が発表した。
 9月15日付のPRニューズワイヤー(“New Survey Uncovers, Men Who Tuck Are Happier, More Successful, And Generally More Optimistic”)によると、フルート・オブ・ザ・ルームは最近裾をズボンに入れやすいアンダーシャツ「ステイ・タックト・クルー(Stay-Tucked Crew)」を発売したのを機に、「タックの効果(Tuck Effect)調査」を実施した。
 25~60歳の男性1000人以上を対象に、幸福度、楽観性、社会性、所得、人間関係という人生で重要と思われる5つの要素について尋ねた結果、どの要素もタックする男性(タッカー)の方がしない男性(ノンタッカー)より高いという結果になり、公私ともに成功する傾向が強いことが分かった。
 たとえば、タッカーは仕事で幸福感を感じている人が60%以上とノンタッカーを上回ったほか、社交的と答えた人も10%多く、将来を楽観する傾向も22%高かった。また、所得は19%多く、「よくデートする」と答えた人も8%多かった。
 フルート・オブ・ザ・ルームは、タックすることは単なる習慣ではなく生き方であり、それを推進したいと考えている。
 ブランド・コミュニケーション担当責任者のブライス・ヨンツ氏は「当社は素晴らしいタックは正しい下着選びから始まることを知っており、だからステイ・タックト・クルーを作った」と話した。
 全米を見ると、週に3日以上シャツをタックする男性は49%と半分以下。ノンタッカーと時々しかタックしない人を合わせると78%に上り、フルート・オブ・ザ・ルームはこれらの男性を触発するため、タック効果を学べるサイト(TuckEffect.com)を開設している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る