NY/NJを米最大の港に
港湾公社が30年計画を提唱

river-720013_640

 ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社は、船舶貨物の取扱量や効率面で西海岸の大規模港湾を超えることを目指している。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、15年近くロサンゼルス港の管理運営に関わった後、昨年公社の港湾部門責任者に就任したモリー・キャンベル氏は「ロサンゼルスやロングビーチ港を抜いて、国内最大の輸出入の玄関になることを目指す」と宣言、そのために30年後をにらんだ基本計画の作成を提案している。
 2015年のコンテナ取扱量は、ニューヨーク湾の6港湾が合わせて640万TEU(20フィートコンテナ換算)、ロングビーチ港は720万TEU、ロサンゼルスは820万TEUだったが、ニューヨークは前年比で10.4%増加したのに対し、西海岸は労使交渉の長期化による混乱のためロングビーチで5.4%増、ロサンゼルスは1%減となっている。
 キャンベル氏の考え方は、今年の夏にパナマ運河拡張工事が完了すればアジアからの超大型船が東海岸に直行すると期待する他の港湾とは異なり、スエズ運河経由の航路を重視する。現在ニューヨークとニュージャージーが含まれる43のコンテナ航路のうち、13航路はスエズ運河経由、パナマ運河経由は8航路で、2航路は両方を使っている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  2. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  3. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  4. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  5. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  6. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  7. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  8. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
  9. モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータ...
  10. 東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
ページ上部へ戻る