[新春インタビュー] シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS」ロサンゼルス公演に出演中
ヨーヨー世界チャンピオン「BLACK」

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato)

 

スタンディング・オベーションを受けるBLACKさん(提供写真)

スタンディング・オベーションを受けるBLACKさん(提供写真)

会社員時代から現在のシルク出演に至るまで、振り返っての感慨と、この次の目標はありますか?

 当初は、「ヨーヨーでシルクに出演するなんて前例もないし、まして運動の苦手な自分がサーカスなんて無理だろう」と思っていました。しかし会社を辞め、舞台での立ち居振る舞いを学ぶためにバレエを習い始め、専用のヨーヨーを開発し、どうにか出演まで辿り着くことができました。何事も先入観にとらわれず、目標達成に必要な要素を分解し、それらを一つ一つ達成していけば、どんなゴールにも辿り着けるのだと思います。

 今後はそうした、「先入観にとらわれず、自分の可能性を信じることで、人生の可能性は無限大に広がる」というメッセージを、パフォーマンスに限らず様々な手段を通じ多くの方々に伝えていきたい、楽しい人生を送る一助となりたい、というのが新たな目標です。

TEDカンファレンスへの登壇、シルク出演と、世界を股に掛け活躍するBLACKさん。現在アメリカに住む日本人、そしてこれから海を渡ろうと考えている人たちに向けて、なにかメッセージはありますか?

 海外で活動するということは、私にとっては目的ではなくただの結果に過ぎません。自分がやりたいことを行う上で、それをやりやすい場所が海外であるのなら、ぜひ恐れず飛び込んでみてほしいと思います。

 英語もできるに越したことはありませんが、人と人とのコミュニケーションに最も大切なのは、相手に対する敬意であると思います。それをきちんと相手に伝えれば、どんな国でもどんな方が相手でも、信頼関係を築くことができるのではないでしょうか。

Photos: Martin Girard / shootstudio.ca Costumes: Philippe Guillotel ©2014 Cirque du Soleil

Photos: Martin Girard / shootstudio.ca
Costumes: Philippe Guillotel
©2014 Cirque du Soleil

現在公演中のロサンゼルスをはじめ、各地のフロントライン読者に向けてメッセージがあればお願いします。

 KURIOSは19世紀の産業革命を時代背景としたショーで、日々新しい技術が開発され、世の中が良くなっていく一方だと誰もが信じていた、明るく前向きな雰囲気に満ちあふれています。そうした明るさ・楽しさを観客の皆さんと共有し、皆さんにも明るい気持ちになっていただけたら、と思っています。

 皆さんのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしています。

BLACK プロフィール

2001、2007年ヨーヨー世界チャンピオン。シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト。TEDスピーカー。
現在は、シルク・ドゥ・ソレイユ出演をはじめ、パフォーマー活動のかたわら、「TED登壇の経験」「自分を信じ努力を重ねれば夢は叶う」などについての講演活動も行っている。
著書に「『好き』をつらぬこう」(PHP研究所)、「TEDスピーカーに学ぶ『伝える力』」(角川学芸出版)。
■公式ウェブサイト:http://www.officeblack.com/
Cirque du Soleil
「KURIOS – Cabinet of Curiosities」ロサンゼルス公演

◾️会場:Blue & Yellow Big Top at Los Angeles Dodger Stadium
◾️日程:12月9日〜2月7日
◾️チケット:50〜165ドル
◾️問い合わせ:877-9 CIRQUE (877-924-7783)
◾️詳細:cirquedusoleil.com/kurios

Photos: Martin Girard / shootstudio.ca Costumes: Philippe Guillotel ©2014 Cirque du Soleil

Photos: Martin Girard / shootstudio.ca
Costumes: Philippe Guillotel
©2014 Cirque du Soleil

ロサンゼルス公演終了後、全米各地を巡回公演する。アトランタ公演(3月3日開幕)、ボストン公演(5月26日開幕)、ニューヨーク公演(9月30日開幕)、ワシントンDC公演(開幕日未定)が決まっている。*ロサンゼルス公演終了後、BLACKさんは一時休演。ヨーヨー演目は後任のアーティストが出演する。

1 2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る