はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)の記事一覧

    慈善団体の真実を探る?!「The Dog Lover」(7月8日公開)

     動物好きのサラは、非営利の動物愛護団体に勤務し、日夜、動物虐待などの調査に燃えていた。そんな彼女に新たな使命が下る。それは、代々、猟犬のブリーダーをしているダニエル...

    「海街diary」上陸!!(7月8日公開)

     漫画家の吉田秋生の同名原作を各国際映画祭を賑わしてきた是枝裕和が映画化を熱望して作り上げた本作「Our Little Sister」(原題「海街diary」)は、爽...

    日本でロケ!! 近未来映画「Equals」(7月15日公開)

     人気の若手俳優クリステン・スチュワートとニコラス・ホルトが近未来を舞台に恋人同士を演じる本作は、トキメキとドキドキと胸キュンの連続で観る者を切なくさせる。  ...

    現実社会を反映「X-Men: Apocalypse」(5月27日公開)

     アメコミのヒーローもので筆者が一番好きなのがX-Menシリーズ。なぜなら社会構造を巧みに反映し、我々に疑問を投げかけるからだ。特殊能力を持った人々をミュータントと呼...

    ジョニデがウザい?!「Alice Through the Looking Glass」(5月27日公開)

     ハッキリ言おう。筆者はジョニー・デップの演技が嫌いだ。行き過ぎと足りなさのバランスが微妙にずれていて、わざとらしかったりリアル感が足りなかったりするからだ。本作では...

    映画 夏の陣
    今夏も続々と続編・リメイク映画が公開!!

     5月20日に封切られるのが、大ヒット携帯ゲームの映画化となる「The Angry Birds Movie」。アクションゲームからうまくストーリーを作り出し、笑いと感...

    好き嫌いが分かれる?!「The Nice Guys」(5月20日公開)

     70年代のロサンゼルスを舞台にラッセル・クロウ扮するタフガイとライアン・ゴスリング扮する軟弱な探偵がタッグを組んで予想外の活躍をするコメディー・ドラマの本作は、映画記者...

    サッカーの王様ペレの伝記映画(5月13日から劇場公開)

     子供の頃、サッカーのうまい男子を「うちの学校のペレ」と言っていたが、それほど日本人におなじみのサッカー選手ペレ。しかし、彼がブラジル出身で、なぜ「サッカーの王様」と...

    ゴシップ・ブロガーの演技は……?(5月13日公開)

     ホラー映画を観た夜は悪夢を見ることが多いのでなるべく避けているが、本作「Most Likely to Die」は、B級臭漂うだけでなく、ネット時代のタブロイド文化を牽引...

    疲れる映画?!「Love & Friendship」(5月13日から劇場公開)

     本作を観るには覚悟が必要だ。なぜなら、英国なまりと当時の言い回しで、登場人物たちがひたすらしゃべり続けるからだ。しゃべりの内容からストーリーを把握していかなければな...

    映画会社の枠を超える「Captain America: Civil War」(5月6日から劇場公開)

     悪との戦いで多くの一般人を巻き込んだことで国際的な批判の的となったアベンジャーズは、国際組織の管理下に身を置く協定を巡って、仲間割れをする。自責の念を抱き、協定に署...

    セレブの影響力とは?「Ratchet & Clank」(4月29日から劇場公開)

     同名ゲームが原作のアニメ映画となる本作は、主人公ラチェットが相棒のロボット、クランクと共に悪と戦うストーリーで、昨今、メディアを席巻するセレブの影響力についてのメタ...

    社会問題を扱ったコメディー「Barbershop: The Next Cut」

     正直に言おう。スラング英語力を試される本作で、筆者は完敗に近かった。理髪店内で交わされる登場人物たちの会話の応酬には全く付いていけず、特にセドリック・ジ・エンターテ...

    ケヴィン・コスナーの才能

     ここ数年、最も多くインタビューしているケヴィン・コスナーは、記者会見に必ず出席し、質問に真摯に答える数少ないA級スターだ。  新作「Criminal」では、大...

    技術の進歩に仰天!「The Jungle Book」

     1894年に出版された「The Jungle Book」は、少年と動物の交流を描いた物語で、ディズニーは1967年にアニメ映画で映像化を実現させたが、今回は、最新のテク...

    ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに
    『Harry Potter』のテーマパークがオープン

     フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポ...

    熱演は買えど……「I Saw the Light」(4月1日から劇場公開)

     イギリス人俳優トム・ヒドルストンが、1953年に29歳の若さで亡くなったカントリー歌手ハンク・ウィリアムズに扮し、南部なまりだけでなく、ギター演奏とカントリー曲の歌...

    キリスト教映画で二匹目のドジョウ狙う「Heaven Is for Real」(3月25日から劇場公開)

     ソニーが配給した2014年の映画「Heaven Is for Real」は、臨死体験をした少年が天国でキリストに会って戻ってきたという実体験の書籍の映画化で、150...

    究極のクーガー映画?!「Hello, My Name is Doris」(3月11日から劇場公開)

     高齢の母親が亡くなり、実家に一人暮らしとなった60代のドリスが、年若い同僚ジョンに恋をするというストーリー。友人の13歳になる孫の手ほどきでソーシャルメディアを使っ...

    女子力全開だけど……「The Divergent Series: Allegiant」(3月18日から劇場公開)

     近年流行の女子力全開の作品の一つ「The Divergent」シリーズの最新作「The Divergent Series: Allegiant」は、残念ながら展開が...
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 日本では、何においても横並びが良しとされる。小学校への進学時の年齢は決まっているし、学校を...
  2. Water lily 今年は年頭から気にかかっている心配事があった。私は小心なうえに、何事も...
  3. 峡谷に位置するヴァウリアル滝の、春から夏にかけて豪快に水が流れ落ちる美しい光景は必見。島には約16...
  4. 2024年6月3日

    生成AI活用術
    2024年、生成AIのトレンドは? 2017年に発表された「Transformer」...
  5. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  6. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  7. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  8. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
ページ上部へ戻る