シリーズアメリカ再発見㊳
ニューオーリンズ
水と食と生と死と 〜後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

ニューオーリンズ 旅の参考情報

Louisiana_map

ニューオーリンズの最新観光情報はここで!
New Orleans Convention and Visitors Bureau
www.neworleanscvb.com

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

カフェ・デュモンド
800 Decatur Street, New Orleans, LA
cafedumonde.com

1862年創業。24時間営業、クリスマスを除いて年中無休。ドーナツにパウダーシュガーをかけた「ベニエ」と、チコリコーヒーでつくる「カフェオレ」が名物。市内にギフトショップを含めて数カ所あるが、フレンチ・マーケットの並び、Decatur Streetにあるのが本店。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


800 Decatur Street, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Deanie’s Seafood
ディーニーズ・シーフード
841 Iberville Street, New Orleans, LA
www.deanies.com

レイク・ポンチャートレインの湖畔、バックタウンで始まったシーフード小屋が、フレンチ・クオーターに出しているレストラン。秘伝のソースにつけたバーベキュー・シュリンプが名物。エプロンを着けて思い切りメッシーに食べる。旬ならケイジャン料理のクロウフィッシュ・ボイルも味わえる。一緒に蒸したジャガイモも美味。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

841 Iberville Street, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Desire Oyster Bar
デザイア・オイスター・バー
300 Bourbon Street, New Orleans, LA
www.sonesta.com/royalneworleans/

バーボン・ストリートのにぎやかな角にある。最近店内を改装したばかり。オイスターの各種料理のほか、ジャンバラヤ、シュリンプ&グリッツなど南部料理のメニューも充実。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

300 Bourbon Street, New Orleans, LA
Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Johnny’s Po-Boys
ジョニーズ・ポーボーイズ
511 Saint Louis Street, New Orleans, LA
johnnyspoboys.com

ニューオーリンズ名物のサンドイッチ、ポーボーイの専門店。朝早く行かないと、長蛇の列で待つことになる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


511 Saint Louis Street, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Antoine’s
アントワンズ
713 Saint Louis Street, New Orleans, LA
www.antoines.com

今年で創業175年。ニューオーリンズの歴史がぎっしり詰まったレストラン。クレオールの伝統料理が食べられる。

713 Saint Louis Street, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Arnaud’s
アーナード
813 Rue Bienville, New Orleans, LA
www.arnaudsrestaurant.com

クレオール料理を代表するレストラン。開店当時から人気のあるメニューをアラカルトで味わえる。ジャズの生演奏もある。テーブル脇でオレンジの皮をあぶりながら作るドリンク「Cafe BruLot」が有名。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


813 Rue Bienville, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Upperline Restaurant
アッパーライン・レストラン
1413 Upperline Street,
New Orleans, LA
www.upperline.com

フレンチ・クオーターからストリートカーで約15分。予約がとりづらいことで有名なクレオール料理の店。作家のラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の孫が訪れたこともあるという。オーナーのジョーアンさんは、ニューオーリンズのホスピタリティー精神を体現するような人で、人柄を慕って集まる客が多い。

1413 Upperline Street, New Orleans, LA

 

Mother’s
マザーズ
401 Poydras Street, New Orleans, LA
www.mothersrestaurant.net

手早くカジュアルにニューオーリンズの料理を味わえる店。いつも行列ができている。ベイクドハムが有名で、セレブリティーの来店も多い。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

401 Poydras Street, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

The Court of Two Sisters
ザ・コート・オブ・トゥー・シスターズ
613 Royal Street, New Orleans, LA
www.courtoftwosisters.com

1830年代につくられた歴史的建築。フレンチ・クオーターで一番広い中庭がある。バッフェに80種類以上が並ぶジャズ・ブランチが人気。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


613 Royal Street, New Orleans, LA

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Sac-a-Lait
サッカレイ
1051 Annunciation Street,
New Orleans, LA
www.sac-a-laitrestaurant.com

再開発が進むウェアハウス・ディストリクトに、昔の紡績工場を改装して今年オープンした。伝統料理を現代風に再構築。旬の素材を、斬新なプレゼンテーションで出す。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


1051 Annunciation Street, New Orleans, LA
1 2 3

4

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る