カテゴリー:エンタメ・娯楽

  • 第31回 ディスカバー、リバモアバレー(Discover Livermore Valley)

     ベイエリア至近距離で、歴史深いワイン地域といえば、リバモアバレー(以下LVと省略)だ。その中心地リバモアまで、サンフランシスコから車でほんの40分。もう一つの...
  • 豚肉とレタスの簡単中華炒め
    簡単おかず冷や奴

     子供たちは夏休み! お母さんはいつも以上に大忙しです。そこで、さっと簡単に作れて、夏バテ解消にもなりそうなメニューをご紹介。  夏バテを起こす原因は、ビタミンB1不足と言わ...
  • [No.107] Treasure in the Castle

    ...
  • 冷やし中華
    冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲をそそる1品に仕上げました。一見、パスタの様に見えますが、ごま油としょうゆの味付け...
  • 第30回 知られざるオーストラリア・ワインを検証する

     豪州ワインといえば、安くて飲み易いシャルドネやシラーズのイメージが強い。フルーティーなワインを好む米市場に狙いを絞り、豪州各地のブドウをブレンドしてコストを抑え、...
  • [No.106] Summer Vacation Has Just Started

    ...
  • 第29回 ボルドーワインの常識非常識

     今年もボルドー視察の時期だ。今回は、高級シャトーがひしめく右岸、左岸 に加えて、「普通」のボルドーワインを生産する地域を視察した。中でも「二つの海の合...
  • [No.105] Catching the Ball With Dad

    ...
  • 第28回 ナチュラルなブドウ、
    自然派のワインは存在するか(2)

     アメリカ、つまりはカリフォルニアでのワイン作りは「蔵から」始まる。ブドウ栽培から手がけるワインメーカーは少なく、通常は栽培農家からブドウを買い付け、醸...
  • [No.104] Spring at the Park

    ...
  • 第27回 ナチュラルなブドウ、
    自然派のワインは存在するか(1)

     そもそも誰が言い出したのか「ナチュラルワイン」という定義不能な絵に描いた餅があります。確かにブドウを放っておけば、腐って発酵し、ワインになります。これをもってワインを「自...
  • [No.103] Think “Spring”

    ...
  • 第26回「甲州ワイン」―日本を代表する国際品種―を検証する

     日本産ワインの代表として、2010年にEU登録を果たした「Koshu」。晴れて国際品種として認知されたことと、緩かった日本のワイン作りを国際規格に引き上げることで質の向上を目...
  • [No.102] Incredible sledding

    ...
  • 第25回 カベルネ・ソービニョンと
    ソービニョン・ブランの関係は?

     「カベルネ・ソービニョン(Cabernet Sauvignon)って赤ワインだから、白ワインのソービニョン・ブラン(Sauvignon Blanc)とは関係ないよね?」と聞...
  • [No.101] Toby’s Entrance

    ...
  • 第24回 意外と知られていない
    コルクについての常識と非常識

     ワインが瓶に詰められ、コルクで蓋をされるようになったのは、300年ほど前のお話。それまでは、樽からコップに注いで飲んだり、ヤギ皮で作った水筒に詰めて持ち歩いていたそうで、当時...

注目の記事

  1. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  2. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  3. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  4. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  5. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る