過去の記事一覧

  • 第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰もが「もちろん愛しています」と言うでしょう。ただ、溢れ余る愛情を存分に注いでいるか...
  • 【英会話】YOKOのLA通信第9回

    新年明けましておめでとうございます。 読者の皆さんはどのようなお正月でしたか? Facebookで日本の様子を見ていました。 お正月は日本で迎えられたらと思いが募りま...
  • 第44回 人生の第二楽章

     1本のメールが入った。高校の同窓会があるから日本に帰って出席してみませんか、と書かれていた。出身地の山口県萩市には、高校が4つある。その合同同窓会が東京であるという。4年...
  • 第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学をいろいろと楽しめるユニークな展示や実験がいっぱい。風力や科学反応の実験を試したり...
  • 「So」と「Very」を使い分ける簡単ルール

    「So」と「Very」は両方とも「とても」を意味する単語ですが、使い方が若干異なります。適切に使い分けされていなくとも会話に支障をきたすほどではないのですが、ちょっと不自然な英語に...
  • 第48回 え〜〜っ? まだボージョレヌーボーを飲んでいるって、、、!?

     今年もやってきた! ボージョレヌーボーの解禁日。何を解禁するのやら、、とワイン通が毎年苦笑いする季節である。英語では(というか日本では)リリースと謳っているようだが、いず...
  • 絶対にネイティブは使う?砕けた英語15選!

    今日の動画レッスンでは、アメリカ人が日常会話でよく使う砕けた英語トップ15をご紹介します。日常会話においては、必ずと言っていいほど使われる表現なので覚えておきましょう。但し、あくま...
  • 日本の年金について「家族に関わる年金~遺族年金」

    一般に年金とは老後に受給する「老齢年金」を意味します。一方、「遺族年金」はまだ働いている年金加入者(被保険者)および年金受給者本人が死亡した場合に、残された遺族に支給される...
  • アメリカ人にカタカナ英語が通じるか実験!(後半)

    今日の動画レッスンでは、カタカナ英語がアメリカ人に通じるか実験してみました。ロサンゼルス在住の2人のアメリカ人に、日本でよく使われるカタカナ英語で質問。2人のリアクションには私も大...
  • アメリカ人にカタカナ英語が通じるか実験!(前半)

    今日の動画レッスンでは、カタカナ英語がアメリカ人に通じるか実験してみました。ロサンゼルス在住の2人のアメリカ人に、日本でよく使われるカタカナ英語で質問。2人のリアクションには私も大...
  • Vol.002:会社名を決めるときのポイント4つ

    さあビジネスを始めよう!起業しよう!と思った時に悩むのがこれ、会社名です。 僕の場合は、ゼロハチロックという社名アイデアが割とすんなり出てきましたが、本当にこれでいくか?とい...
  • 「I’m sorry」以外の謝り方

    今日の動画レッスンでは「I’m sorry」以外の謝り方をご紹介します。「間違いや失敗を認める謝り方」「バカなことをしたと認める謝り方」「責任を取る謝り方」「後悔を示す謝り方」の4...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか?第2回

     年の瀬も迫り、今年もあと数日を残すのみとなった。2016年を振り返って今年の物流関連の10大ニュースを取り上げてみた。一応日本およびアジアから北米向けに限らせてもらった。異論があ...
  • 【英会話】YOKOのLA通信第8回

    BYBは来週の金曜日23日で今年も仕事納めになります。 2016年も終わりに近づいてきていますね。 読者の皆さんにとっての2016年はどんな一年になりましたか? 一年...
  • “The”の発音「ザ」と「ジ」の簡単ルール

    今日の動画レッスンでは“The”の発音について簡単に触れていこうと思います。学校では、子音の単語の前は「ザ」、母音の単語の前は「ジ」と教わったかと思いますが、ネイティブはそれ以外の...
  • 【英会話】YOKOのLA通信第7回

    クリスマスまであと2週間とちょっと! 私はクリスマスギフトの準備で毎日忙しくしています。 最初にギフトを贈る人達のリストを作成。リストにはもちろん家族、BYBの講師達(...
  • 第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオンラインショップでアメリカ国内は全州、海外には30カ国で商品が売れているというお...
  • 第43回 目で見る思い出

     12月は庭の花も枯れ、外の楽しみは失せるが内なる楽しみが待っている。その一つがモミの木市場。入荷したばかりの木々は枝を空に突き立て、あの体の中を駆けぬける清々した木の香り...
  • 第98回 エモーショナル・サポート・ドッグ

     少し前に、朝のテレビ番組「TODAY」を観ていたら、エモーショナル・サポート・ドッグというシステムを悪用し、必要のない人が愛犬を公共の場に堂々と同伴させ、他人に迷惑をかけ...
  • 第51回 バス通学

     私たちが暮らす市には高校が1校しかない。以前は我が家からも歩ける距離の場所にもう1校あったようだが、廃校になってしまった。跡地はグラウンドと体育館が名残を留めるのみで、市...

注目の記事

  1. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2.  フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  3.  子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  4. 出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  5. 今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手として五輪出場を狙っているのはジェイ、ケビン、ミックのリザランド兄弟。3人ともジョージア大学2年生の20歳。三つ子の選手だ。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る